LINE MESSENGER コマンドラインツール for Windows 10

LINEのメッセージをコマンドで送信できると、Windows系サーバーがトラブった時とか、メールじゃなくてLINEメッセージで送られるので、見落としがすくないなぁとか考えてみた。

そんな時、使うのは、普通、slackらしいけど、既にLINE入っているし、LINEでやりたいとか考える。

…….で。作ってみた。

Windows 10用のLINE 公式アカウント メッセージ送信ツール

LINE DevelopperでLINEアカウントでログインし、チャネルを作成すると、新しくユーザーアカウントが発行されます。

そのアカウントと友達になると、LINE Message apiを利用して、メッセージが送れます。

友達になる方法は、アカウント用のQRコードが発行されますので、画像にスマホのカメラを向けると、友達になれます。

チャネルアカウントを公開したければQRコードを公開WEBサーバーに置いたり、制限したければ、制限のある場所に置くとか、パスワードで保護されている場所に置くとか考えられます。

例えば、ニュースレターを送りたい時、ニュースレター用のチャネルを作成し、ニュースレター欲しい人はQRコード読んでねとWEBサーバーにおいておくと、読みたい人は、WEBページをPCに表示し、PC画面のQRコードをスマホで読むとかする訳です。

使い方は色々無限・・ 多分、WEBチャットのインターフェイスをPHPとかで書いちゃうと、セカンドアカウントとして利用できそうな。

完成した。機能はこんな感じ

 

機能
1.メッセージの送信(チャネルに友達登録している全ユーザーへ送信)
2.メッセージの送信(ユーザーID指定)
3.ユーザーリスト取得
4.画像 の送信(ユーザーID指定)
5.画像 の送信(チャネルに友達登録している全ユーザーへ送信)
6.動画の送信(ユーザーID指定)
7.動画 の送信(チャネルに友達登録している全ユーザーへ送信)
8.メッセージ数(チャネルのお友達から受信したメッセージ総数)
9.メッセージ受信(番号指定)
10.全メッセージ受信
サポート用アカウント QRコード

LINE MESSENGER コマンドラインツール for Windows 10(sendLine サポート)

自分へのリアルタイム転送はしてないので、直ぐには返事はできませんが、

数日中には返信します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *